読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

L'après-midi d'un faune

タルイのブログです

Here Comes The Sun and I Say 2

 第2章 深浦:「自分にはヴァイオリンしかない」とまでいうつもりはないけれど

 

 昨晩の出来事が未だじめじめと全身を侵食し続けていて、練習には全くと言っていいほど身が入らなかった。何をどうしようと、何を弾こうと、その先には本当に何もないんじゃないかと、幾ら上達したところで意味などないのではないかと、深浦は虚しさをただぼんやりと感じた。昨年のインフルエンザを除き全く休んだことのなかった学校を休み、ただ何もしないのも癪だからとヴァイオリンを取り出してみたけれど、意識は意地悪なくらい弾くことを面白く思わないようで、部屋の中に充満する悪い色の空気に感情が染められていくのを抗えずにいた。

 深浦は小さな頃からヴァイオリンを習っていた。小学校低学年の頃は習いごとの一つといった感じで、大して興味を持っていなかったのだが、小学校高学年になると途端にその楽器の上達に没頭するようになった。きっかけとして過去の一点を挙げることは出来ず、ただ成長の一時期に訪れる特有の、言いようのない情動にその楽器が共鳴したのである。その頃はただ自分が自分の実力よりも少し上にあるような曲に挑むことが心底楽しかったし、そんな自分のことが嫌いではなかった。背伸びした分だけ得られるものは大きく、毎日を慌ただしく過ごしながら、自らの腕が上がっていくのを快く思っていた。

 周囲からは当たり前のように一線を引かれた。勉強も決して苦手ではなかったし、それなりの勉強を然るべき順序で行えばそれなりの点数を取れたから(深浦にはむしろ然るべき順序を踏まずに表面的に知識をなぞるだけで結局低い点数を取る同級生のことが本当にうまく理解できなかった)、「真面目」「お嬢様」というレッテルを全身に貼られた。それはある種の猛烈な違和感を彼女にもたらしたけれど、その距離感ゆえに人間関係のいざこざや何かしらのイベントに深く関わらず、またある時は知らずにいれた、という事実を踏まえると、総合的な利害関係を考慮した上で、彼女はそのレッテルを受け入れることにしていた。

 高校二年生になってから、ヴァイオリンを弾くことに人生の多くの部分を費やしてきた彼女は、今更音楽以外の何を専門にしたところで、という気持ちもあって上野の芸術大学を受験しようと考えた。ついていた先生も当然の成り行きとでもいうかのように深浦の芸大受験を後押ししたし、彼女の両親も否定することなく、こちらもまたそうなると思っていたというように娘の意思を受け入れた。彼女も大人たちの反応は大方予想出来ていたし、ある種然るべき成り行きとして、彼女の進路は至って自然に決まっていたように思えた。

 ただ漠然と不安を感じていたことも確かである。いうまでもなく、将来の不安である。大学は四年間もあるのだし、そこでまたじっくりと考えればいいのだからと、さして迫った問題ではないように思っていたけれど、芸術表現というものがどれだけ社会に正当な評価(そんなものがあればだが)を受けないものか、それがいかに生活に結びつかないかということは、朧げにわかっていた。しかし、かといって、今までの人生で毎日何時間も費やして取り組んでいる何かがあるとするなら、いったい大学でそれ以外の何を学ぶというのだろう。「自分にはヴァイオリンしかない」とまでいうつもりはないけれど、音楽で大学に行く以外の選択肢が、深浦には面白いくらい見えてこなかった。

 さして喉が渇いている訳でもないけれど、そこに理由を押しつけるようにして、台所にお茶を飲みに行く。頭の中には悪い空気の濁流がとめどなく流れていて、一時も自分を落ち着かせてはくれなかった。「やんなっちゃうね」彼女はひとりごちた。何か大切なものが抜け落ちているような自らの声に少なからず動揺する。「やんなっちゃうね」と今度は心の中で呟いてみた。先ほどと同じ声色が響いて、あれ、私ってどんな声してたっけ、と、そんなことを思う。