読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タルイのはてなブログ

タルイのブログです

Landini

 まだ街で歩いている時、一人でいる気がしているのか。まだ夜の窓辺に輝く明かりたちを眺めながら、まるで世界に僕だけしかいないみたいだ、なんて、そんなことを思っているのか。

 僕はずっとお前と二人で街を歩きたい。世界はきっと、僕らの思っているよりずっと、深みを持っているはずだ。

 孤独を抱えたままでいい。それでいて、外に向かう道徳を体に縫い付けるんだ。

 早く街に出よう。世界で僕ら二人だけが月を見ている、そんな夜を共に歩こう。