読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

L'après-midi d'un faune

タルイのブログです

春への展望

 背伸びのしすぎでつま先が痛くなってきた。よく見るとまだいけそうではあるが、やはり確実に爪を傷めている。

 最も、それがいかに重要だったかはいうまでもない。はっきり言って恒常的に背伸びをしなければ、とてもじゃないが現役で大学に入ることは間に合わなかった。高校に入る時もだったが、相当のごまかしを繰り返してどうにか滑りこんでいる。

 どうやらやっと、そこから一つ先の世界へ進む時がきたのかもしれない。より適切な言い方をするとすれば、やっと、地に足をしっかりとついて進んでいく毎日を歩んでいける日が遠からず存在しうるようになったのかもしれない。冬休みで一筋の光となって出現したその羨望を、どうにかして、四月までに手に入れたい。

 僕がこの社会で、今ほどの背伸びをせずに生きられるほどの知識、思考力を持ち合わせた人間になり、密度のきちんとした生活を送るための大きな境界点に、今立っているという実感がある。そのことを何よりも、重要に感じている次第だ。