フクラム国

タルイのブログです

Sea and The Darkness

Sea and The Darkness Ⅱ

黙ってても生きていける僕らは、何故そうまでして言葉を交わすのだろう 何故文字を書くのだろう。音を鳴らし、絵を描き、体を揺らすのだろう 義務でもないのに、何かを伝えようとするのはなぜだろう どうしようもなく不揃いな僕たちは、闇の中で形を溶かす …

嵐のあとで/Aftermath

「ばいばい」「ばいばい」遠くなった君が振り返らずに帰っていく様を、僕は今でも、鮮明にとは言えないけれど、印象深く思い出すことができる。 夏はいつの間にかもう、すぐ近くにあるらしい。やがて梅雨が訪れて、それが去ってゆけば、あの日みたいな夏が来…

日曜/Her Surprise

人一倍頑張ろうとする君のことを僕はよくしっているつもりで、そんな風に生きている君のことを、美しいだとか、偉いとか、誇りに思うだとか、たくさん褒める大人の人や同級生たちの存在を知ってもいる。彼らの期待になんとかして答えようとすることも、人に…

燃える森と氷河/Defferent Kinds

深く沈んだ夜の中で、変な夢が終わるのを当てもなく待っていた。君もちゃんとそこにいる。青い目と金色の髪と、不機嫌そうな唇の端。 誰にも言えないでいた湖の奥にあるぼくだけの隠れ家で、過ぎていく四季を過ごしながら、君と何人か子供を作った。男の子も…

鳥と鳥/Bird Cage

三番通りの坂を自転車で下りながら、彼女は毎日のように笑っていた。 あの頃の彼らには怖いものなど何もなくて、代わりにあったのは、世界を覆すような秘密と、戦いだらけの毎日と、死ぬ気で主張しあった個性だけだ。不揃いなピースはお互いを削り取りながら…

カンフーボーイ/Kung Fu Boy

力が欲しいと思ったのは当然の帰結だったように思う。正しさをすり減らすような毎日に嫌気がさして、組織から遠ざかろうとしたけれど、そう簡単に許されるはずもなかったから、誰にも言わずに地下街でカンフー師匠のもとについた。 「力は流動している。逆ら…

Sea and The Darkness

これ以上先へはいけない、と思ったことが一度もなかった中学時代のことを、決して恥ずかしいとは思わないけれど、前に進んでいると思っていたあの頃のことを、少し照れたようになりながら、楽しかったと思い出すことがある。 前に進んでいる人々は、こうして…