膝を折り、水を飲んで

夏の連載2018 (7/4〜8/3)

2016-09-08から1日間の記事一覧

少女 D

私の中にある海を生きるために浪費して、何を得たかといえば、何処にでも価値のある富だけだ。 段々と、小さくなっていく。 私を追い越す何かは、果たして世界なのか、愛なのか、夢なのかわからないけれど、それでも貴方は先に行ってしまう。 他人の背中に乗…

少女 C

知らない街の隅にある、私だけの宝物に会いに行くために、私が蓄えてきた季節を全部捨ててしまおう。 無駄だと言われることを恐れては、私だけの街になんてたどり着けるはずはなくて、君の言う幸福だとか、自由だとかは、とても価値がありすぎるように思うの…

少女 B

あの場所に行くことを求めている。 ここよりもっと高く空が浮かんでいて、私の「好き」が「嫌い」になるより早く景色が移り変わっていくあの場所が、私の透明な指先に空を塗るのを待っている。 私の頬は、君には見えない物質を排出して、君を密やかに閉じ込…