2016-06-04から1日間の記事一覧

鯨がすぐ側を通れば

時折訪れる感情だけが、僕を最も尊い感慨、すなわちノスタルジーに連れていく。 その感覚は決まって、いつもどこかで夢見ていて、それでいて昔は知っていたような不確かな空の色のよう。 春が終わる。循環を待つ。僕は小説を書かなければならない。生きなけ…